Celtic Celebration


またまたConcert on the Squareの日がやってきました。
今日は2時からMeetingがあったのですが、どーしても席とりをしたかったので、ちょっと会議を抜けて場所取りに。(もう殆ど終わってたからいいんだけど)
今日の演奏はPBS (Public Broadcasting Service、公共TV放送で、放送内容はlocalに変わります。放送受信料はとりませんが、大変いい番組をたくさんやってます)で放映されるということもあってか、心無しか何時もより更に人出が多い気が。

f0064866_13301430.jpg

Captal Loopの道の外まで人がいっぱいです。道をはさんで向かいのビルにCapitalが写ってます。
f0064866_13332160.jpg

前の老夫婦は、My Deskを持ち込んでました……この高さのテーブル、欲しいんだけど!!!何処で売ってるのか、未だにわかりません。勇気出して聞いてみればよかった。
f0064866_13335025.jpg

一度は予約席で食事付きコンサートを楽しんでみたい!! でも、料理の味は、いまひとつ、期待していいものかどうか微妙なんだよな(^^;;)

本日のテーマはCeltic Celebration, ゲストもバグパイプの演奏者に3人のアカペラ歌手でケルト色満載。しかし、こんな田舎町にバグパイプの演奏者がいるって凄いなあ(笑)
アカペラの方も、ケルティック・ハーモニーで綺麗でした。なんであんなバグパイプみたいな声が出るかな…バスの人。。女声はまだ日本人でも出せそうだけど、あのバスはなかなか日本人の体格では厳しそうですねえ。

Concert on the Squareのページ

f0064866_13372649.jpg

バグパイプはたいそう息を使うそうですが、おじいさんよく吹いてるなあ。
f0064866_13374710.jpg

アカペラの3人組。楽器みたいな声でした。

後半は、後半指揮者がケルトのスカートをはいて出てきました(笑) あのスカート、後ろから見るとまるっきり女子高生の制服! しかも上着はもとのスーツのままだから、よけい女子高生(笑) 靴下にもワンポイントのひらひらがついてて、なかなか可愛らしかったです(勿論指揮者はいいおじさん)

f0064866_1338677.jpg


これで、今年のプログラムも5回までが終わり、残す所来週の1回のみになってしまいました。
残念だけど、そろそろ日の入りも早くなって来て、終演時間(9時)にはあたりも暗くなってくるからしょうがないですね。コンサートが始まったころは、まだまだ9時でも明るかったんですが。

コンサート終了間際、少しずつ辺りが暗くなって来ると、黄緑色の光があちらこちらを横切るようになります。
何かって??
なんと、ホタルです!!
いきなり目の前に黒い点が降って来たので、びっくりしましたよ!

f0064866_1339529.jpg

眼鏡のレンズにはりついた蛍。結構大きいです。
f0064866_13401681.jpg

裏からみると、お腹の蛍光部分がよくわかります。

一応、MadisonはWisconsin州の州都でして、今いる場所は千人以上の人間が集まるCapital Squareなんですが、こちらのホタルはそんな事は全く気にしないようです。
まさか、お酒の匂いに引かれてやってきた、なんてことはないでしょうね?!
日本のかよわい蛍の印象からは考えられないですね。
でも、涼しい夕べにあちらこちらに乱舞するホタルは本当に綺麗です。

帰りがけ、コントラバス奏者の二人組に出会いました。
背の高いお姉さんとお兄さん。二人ともでっかいコントラバスを転がして(ケースの下部に小さな車輪がついている)、お姉さんは背中にエレキベースを背負い、お兄さんは片手にアンプを持ち(……)。お姉さんはピンヒールです……重いアンプを持っているお兄さんを連れて颯爽と去って行きます。雰囲気からしてトップ(お姉さん)の荷物持ちをする平パート員(お兄さん)でしょうか(勝手に夢想)。カッコ良すぎ(涙)

ホント、夏のマディソンは永住したくなります……
冬になると気が変わるけどね(笑)。
[PR]
by lily_lila | 2006-07-26 22:19 | 渡米生活...イベント | Comments(0)

渡米生活日々の備忘録。


by lily_lila
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30