Concert on the square

6月の最後の週から8月の最初の週にかけて、毎週水曜日の夕べに、Madisonでは "Concert on the square" というイベントが催されます。
ここでsquareとはどこか、というと、なんとCapital Square、つまり州の議事堂がある広場なんですね。
ここの芝生に皆で毛布を敷き、ランチボックスとアルコールを持って、7時から始まるWisconsin Chamber Orchestraの演奏に耳を傾けます。勿論タダです♪。
曲目は、クラシックが主体ですが、たまにミュージカルナンバーなども。(私はクラシックが好きなので、この選曲は嬉しい♪)

f0064866_13103039.jpg

f0064866_13113679.jpg

グラサンかけてる奏者がいるのが面白いです(笑)でも、彼は丁度西を向いて座っているので、これは必須でしょうね。手前のコンサートミストレスは白に近い金髪ですが、Madisonはドイツ系とアイリッシュ系が多いので、たまにこんな髪の人を見かけます。

スピーカーが各所に配置されているので、少々オーケストラから離れていても音は聞こえるのですが、やっぱりできれば近くで聞きたい! というわけで、当日は昼から場所取り合戦が始まります。3時以降、芝生への毛布の持ち込みが解禁となり、どこからともなく人が集まってきます。

f0064866_13115842.jpg

左は席をあらかじめ予約しておいた人用。ディナーも出ます。右はもちろん、タダ席で早い者勝ち。
f0064866_13121840.jpg

私の前には既にこれだけの席が埋まってました。。

私も3時きっかりに職場を出て場所とりに行ったのですが(幸い職場がCapitalのすぐ近くなので)、既に最前列はもう埋まっていました。日本人としては譲れない御座を毛布の代わりに敷いて戻ってくる途中、携帯で話しながら歩いてくる若いビジネスマン発見。仕事の話でもしてるのかな、と思ったら、手にはしっかり毛布が(笑)。まだ若かったから、恋人か奥さんと夜の打ち合わせかな? と言ったら、友人は「職場の上司と夜の宴会の打ち合わせでは」と返してきた…(汗)成程、日本ならその可能性の方が高そうですが(^^;)。

とにかく、ビジネスマンでも仕事抜けて席とりに来るくらい、夏のこのイベントは大盛況です。
Capitalをとりまく道は歩行者天国になり、道路まで椅子を持ち込む人で溢れます。
理由のひとつは、多分お酒が飲めるからではないかと思うんですが。
Madisonは街全体が大変美しく、ゴミもおちてないし酔っ払いが路上で寝ていることも殆どないのだけれど、それもその筈、なんと外(public space)でお酒を飲んではいけないことになってるんですね。勿論煙草もダメ。なんと、バーでさえ煙草禁止!
「ちょっとピクニックに言って、ビールを…」なんて、日本じゃ当たり前だけど、こっちでは禁止。だから、ピクニック・ポイントでお酒飲んで騒いでいる集団なんて、本当にみかけません。
それが、どうもフリーコンサートでは解禁になるらしい。まあ、もともとヨーロッパから来た習慣でしょうから、お酒がダメというのはあまりにも寂しい、ということなんでしょうか。
でも、大人も子供も、騒いでいる人なんて皆無です。
(おしゃべりしたい人たちは、ちゃんとオーケストラ席から離れて場所をとる)

こういう常識とか、マナーとかいうのは、どうやったら維持できるのかな、と不思議に思います。
携帯切れとか、喋るなとか、ゴミはゴミ箱に捨てろとか、そんな子供じみた注意アナウンスなんて皆無なのに皆が守るのは何故か?
やっぱり小さい頃からこういう状況に慣れておく、というのが大事なのかなあ…。
花火の項でも書いたけど、こういう場所に普通に子供がいて、家族連れがちゃんと楽しめているというのが素晴らしいと思うんですよ。
「クラシックのコンサートなんて、親だけ音楽を楽しんで、子供は退屈」と日本では思ってる人が多いようだけど、やっぱり小さいころからの環境なんじゃないかなあ、と思う今日このごろ。だって、結構子供も楽しんでますよ。飽きたら勝手に本読んだりとか、寝てたりとか(子供だけじゃないけど(笑))
ホールの椅子に座って窮屈な姿勢で静かにしてなくちゃいけないのが子供には苦痛なんであって、好きな姿勢で聞ければ楽しいと思うんだけどなあ。ご飯もないしね(笑)。

f0064866_13125190.jpg

みなさん思い思いの格好で聴いてます。。。

f0064866_13131551.jpg

本日の夕食(笑)。

最後に、非常にMadisonらしい出来事をひとつ。
休憩時間に、急に周囲から拍手がわき起こったので、何事かと見渡したら、道路を「Impeach George Bush!」と書かれた横断幕を持った人たちが歩いていた(笑)。
impeachというのは、「告発する、弾劾する、解任する」などの意味があります。
いや、Capitalの前でこれをやって、拍手を貰える州(とくに中部)はほとんどないんじゃないかと…(笑)。
Madisonは反ブッシュの風潮が強いので、普通に車に似たようなステッカーが張ってあったりします。もっとも、これはWisconsinの傾向というわけではなく、特にMadisonがそうだということのようですが。お陰で、私はこちらのアメリカの友人と喧嘩せずに済んでいます(笑)
(はっきりいって、ブッシュを全面的に支持する友人は一人もいない…西や東の海岸沿いならともかく、中西部でこの状況は驚異ですね)
まあ、だから、こんなにアメリカっぽくないんだろうな(笑)。
[PR]
by lily_lila | 2006-07-22 01:41 | 渡米生活...イベント | Comments(0)

渡米生活日々の備忘録。


by lily_lila
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30