excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
ブログパーツ
トライアルセット
その他のジャンル
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
J1 の two year rule (2年間帰国義務) 免除申請(waiver) その1
ついにこの日がやってきた、というか、取りかかるの遅すぎ、というか……(汗)

私のJ1 visaには、TWO YEAR RULE DOES APPLYと書かれています。
これは、J1プログラムが終わったら、いかなる理由があっても2年間日本で暮らさない限り、ビザ付き(*)で渡航することも、グリーンカードを申請することもできませんよ、というルールです。
(* Hビザ、Lビザなどの場合。一方、OビザやBビザなど、このルールが適用されないビザもあります。Jビザは、24 month barという別のルールにより、たとえTWO YEAR RULE DOES NOT APPLYであっても別プロジェクトのJビザを取得するまで24ヶ月アメリカの外に出る必要があります。詳細はこちらを参照。)

さて、そんなことは分かってるよ〜、と思っていたのですが、、、、
実は自分、まったく分かっていなかった(苦笑)。
何がわかっていなかったかというと、ウカツにも、去年の秋、グリーンカード・ロットに応募してしまったのです!!

いや、どうせ当たらんよ、と思って申し込んだわけですが、
よくよく考えてみたら、もし万が一当たってしまった場合、このtwo year ruleが障害になるのです。
せっかくの幸運を棒に振るばかりでなく、下手したら「永住権申請拒否」の記録が残ってしまうかもしれん!!!(いや、移民局に聞いた訳じゃないから、わかんないですけど。もしかしたら、そんなウカツ者は最初の段階で篩から落とされとるかもしれんし)

それも含め、諸処の事情で、このtwo years ruleをなんとか免除してもらえないか、申請してみることになりました。

私の場合、最初にJ1を取得したときには、このルールは書かれていませんでした。給料はアメリカから貰って、プロジェクトも米政府のプロジェクトではなかったからです。
ところが、同じプロジェクトで、給料をもらう機関が日本の研究所になったとたんに、何故かこのルールが付加されていました。私の所属する研究所も日本の政府機関ではないので、なんでtwo year ruleにひっかかったのかわかりません。
以上のことを説明したら、プロジェクトの秘書さんが、Advisory Opinionなるものを取得するための手続きをしてくれることになりました。Advisory Opinionというのは、本当にその人がtwo year ruleを適用されるべきなのかを再検討してくれる、ということみたいです。つまり、私のように、本来two year ruleの条件にあてはまらないんだがなあ、と思われる人が試してみる手段です。

これが、昨年12月末の話。
J1 weiverについて詳しい方なら、この時点で既に行動を起こしていたのでしょうが……(汗)
まずはこの結果を見てから、とノンビリ構えていて失敗しました(涙)

本日、Advisory Opinionの連絡がこないので、No Objection Statement (NOS) をとるための手続きをそちらでも初めてくれ、と秘書さんから連絡がありました。
エエッ! それやったら、去年のうちからもう同時進行で初めてたのに!!!

慌ててwebを徘徊して、どうやらAdvisory Opinionでwaiverをとろうなんてのは甘い、ということが判明。これで免除してもらえる人はあまりなくて、同時進行でワシントンの日本大使館にNo Objection Statement (NOS)を発行してもらい、国務省に帰国義務を免除してしてもらう、というのが普通なんだそうな……(T_T)
しかも、研究留学ガイドのtwo year ruleのページによれば4ヶ月はかかる、と書いてある。

というわけで、No Objection Statement (NOS)をとるための申請を始めました。
実際にNo Objection Statement (NOS)を出してくれるのはワシントンの日本大使館ですが、その前にcase numberなるものを取得せねばならん、ということで、以下のweb pageに行きました。

以下、このCase Number 申請の備忘録です。

More
[PR]
by lily_lila | 2010-02-27 09:49 | 渡米生活...手続・契約・交渉