excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
最新のコメント
ブログパーツ
トライアルセット
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
りんごの話
仕事が煮詰まってきました(爆)

こんなエントリーを書いている場合ではないのだが、、、
ちょっと目からウロコだったので(笑)。

こちらのスーパーに行くと、とにかくリンゴがこれでもか!ってくらい沢山積んであります。
うちの近所の24時間スーパーだと、なんと常時10種類以上の林檎がそれぞれ山を作っているのです。
そのほかに、ジュース用の安いまとめ買い袋、オーガニック印なども合わせれば、林檎のブースだけで軽く20は超えているといった具合!
(まあ、そこのスーパーがちとやりすぎなのかも知れませんが)

で、それだけ山ほど売るからには需要があるわけで、、、
こちらの人(アメリカ人)は多分必要なビタミン類は殆どリンゴとか果物からとってるんじゃないか、ってくらい、皆様よく林檎を丸齧りしておられます。

実は、私もここ2ヶ月ほど急激に太った分をなんとかしようと、リンゴを夕方に一つ食べる事にしています。というのは、仕事が遅くなるので、夜帰って10時頃に夕食を大食いしてしまうと、皆肉になってしまうのですね(TT)

ところが、夕方6時ごろに、丁度おなかがすいてきた時にリンゴをひとつ丸かじりすると、あまり夕食でドカ食いしなくて済むのです。おかゆ1杯と小皿にちょっとおかずくらいで済ませておくと、朝は胃もたれせずにすっきり目が覚めるし、非常に快調です。
(体重も2ヶ月で5キロ減ったし!)

そんなわけで、急にりんごの消費量が上がりました。そうなると、沢山ある種類のどれがいいか、という話になりますよね(笑)。

で、ためしに、全種類一個ずつ買ってみて、毎日ひとつずつ食べて比べよう、ということになったのです。
まあ、熟れ時にマッチしたものとそうでないものの差はあるかもしれませんが、大体の傾向はわかるだろう、ということで。
(勿論、産地や諸々の条件でかなり順位は移動すると思います)

続きはこちら
[PR]
by lily_lila | 2008-03-20 10:04 | 渡米生活...食 | Comments(2)
Daylight saving time (Summer time)

やってしまいました……(汗)

今日からDaylight saving time (DST)が始まってたんだった!!!(爆)

Daylight saving time、とは、なんじゃそりゃ、の方も多いかと思います。
日本では、「サマータイム」というイギリス式の呼び方が定着していますので、私も最初、なんじゃらほい、でした。DSTってなによ、生データの記録方式?? とか(爆)

両方とも所謂夏時間のことですが、Daylight saving timeという呼び方はなんかいかにも何か節約しているみたいな語感で、合衆国の作為を感じます(と言ったら言い過ぎか?(笑))

この、Daylight Saving Timeは、三月第二週目の日曜日に始まり、十一月の第一日曜日に終わります。正確には、三月第二週目の日曜日の午前2時が午前3時になり、十一月の第一日曜日の午前2時が再度午前1時になる、とのことで、今日は一日23時間しかない、ということになります。

実は、これは去年(2007年)以降の話で、それ以前は、始まりは4月だったのですね。「包括エネルギー法案」なる法案が可決された影響だとのことですが。
つまり、私が渡米した当初は、夏時間の始まりは春分より後だったのです。
なので、春分が近づいてきたらそろそろだな〜なんて思ってたら、思い切り今日は遅刻しました……(汗)

TVなどでは、週末から「Daylight saving time」が始まる、ということを煩く言い始めるのですが、実はウサギにケーブルを齧られて、ここ暫くテレビをまともに見ていなかったのです(爆)。
まあ、私のようなウッカリ者は勿論結構いるわけで、大学の授業などでは、やっぱり夏時間開始後の月曜日は遅刻率が跳ね上がるのだとか(笑)

さて、この夏時間ですが。
日本でも、導入するべきか否かの議論が行われていましたが、なかなか微妙な問題です(笑)。
日本は南北にも東西にも結構長い国ですから、東京あたりの人の感覚でウカツな事を言うと、痛い目をみます……

天文・測地情報 & 水路観測所日月出没計算のページで、日本の各都市の日の出、日の入り時刻を計算できますので、それをつかって見てみると、、、

例えば6月1日の札幌の日の出時刻は3:58分です。これは、なるほど、朝が早く明るくなりすぎる、と文句をいいたくなるのも分かる(笑)。
しかし、同日の北九州での日の出時刻は、5:06分です。こうなると、(まあ人それぞれでしょうが)そんな夏時間を導入するほどのことかなあ? という気分にもなります。ちなみに、東京は4:26分です。

もともと、夏時間は夏冬の日照時間の差が激しいヨーロッパで生まれたものですから、ほぼ同緯度の北海道はともかく、その他の場所ではあまりメリットがないように思います。というのは、逆に、Wisconsinにきてからこの夏時間の恩恵を感じるようになったからです。

まず、Wisconsin州の緯度。一番大きな都市のMilwaukeeですが、札幌とほぼ同緯度です(ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー、と北緯43度のビールの産地ですね(笑))。すると、当然ですが、冬が長い、寒い!

実をいうと、私自身は、Madisonの冬は日本の冬よりよほど過ごしやすいし(どこもかしこも全館暖房だから、寒いのは外に出るときだけ)、寒いけど空は日本のどんよりした空よりよほど明るいし、何がそんなに気鬱になるのかまったく理解できないのですが、こちらでは冬に気持ちが塞いで鬱になってしまうのが社会問題になっているのです。
勿論、冬の気候の厳しさは関東平野の比ではないですから、暖房がまともに入れられず、食事にも困っている家庭では確かに気持ちも塞いでしまうのかもしれないですが、そうではなく、私の数倍の給料を貰っている人達でさえ、冬は気持ちが沈む、というのですね。

で、3月になると、急に日が長くなってきたのが強く感じられるようになります。そうすると、もう、街を歩いている人達の背筋からぴんと伸びて来て、気持ちが夏に向かっているのが非常によくわかるのですね(笑)。
ああ、アナグマ(Wisconsin人は自分達のことを"Badgers"と呼ぶのです)達が春を察してうきうきしているな、と(笑)。
折しも、このころから、ぱったり途絶えていたウサギの足跡を頻繁に雪の上にみるようになります。自然の生き物も、春が来た喜びを押さえ切れない。

つまり、心も弾んで遊ぶ気満々、お日様の光を浴びる気満々なのです(笑)。
そこで、Daylight Saving Timeです。勿論、みなさん大喜びで、1時間早く起きて、夏時間に移行するわけですよ(笑)。
昨日まで暗かった5時が、まだ十分明るいのです。きっちり5時に帰るアメリカ人たちは、もう顔も緩んで嬉しそうです(笑)。
もう真っ暗になったオフィスでまだコンピューターと向き合ってる私でさえ、ちょっとはうきうきしちゃいます。

こちらでは、誰に聞いても、夏は一年で一番いい季節で、待ち遠しいと言います。「暑いからイヤだ」という人は見た事がありません(実際、暑くないですしね!)。
夏に対する憧れ、春の光に対する切望、こういった背景を見ずして、一時間早く仕事を切り上げるためなら喜んで一時間早起きする人達の心は理解できないと思う(笑)。
もっとも、アメリカ人は、一般に早起きすることを厭わないのですが。
日本では、「重役出勤」という言葉があるほど、役が上になれば朝がゆっくりになるイメージがありますが、こちらでは、偉い人ほど朝が早くなります。
ちなみに、うちの分野では世界的に有名なF.H教授は、朝の7時とかにきてたりします(笑)。一方、一番遅いのが、学生さん。これは、日本でもあまり変わりませんね(笑)。

え? なんで私がH教授の出勤時間を知っているかって?
それは、仕事が終わらなくて徹夜したからです……(爆)
(ちなみに、日本の研究機関ではアタリマエの徹夜は、外国研究機関では「ルール違反」もしくは「抜け駆け」とみられますから、気付かれないようにこっそりやりましょうね!)

さて、朝は遅いに越したことはない、と思う人の割合が多い日本では、朝を早くすることには根強い反対があります。
本当は、早起きをしなくてはいけないのは一年でたった1日(次の日からは寝る時間だって一時間早くなるのだから結局同じ)なのですが、それでも、なんだかソンした気分! というのが、一番正直なところだと思うのですよ。。。
(まあ、通常時間に戻るときには、逆に1時間得するわけですが)
第一、日本で真夏のやけつく西日を浴びながら外で遊びたいと思う大人がどれだけいるか? はっきりいって、それよりもっと日の落ちた涼しい時間に移動したい、と思うだけですよね(笑)。そんなことで、朝早く起こされたらたまらん(苦笑)

こちらでは、夏の夕方というのは、外でのんびりフリーの野外コンサートをきいたり、湖のほとりのビヤガーデンで一杯やったり、と、一年でも一番楽しい時間です。
でも、日本の社会、特に都市部の生活が、その時間を十分楽しめる構造になっているか、と言われたら、私ははっきりいってノーだと思います。
夕方から家族でお金をかけずに行けるイベントもない。
友達をよんで、庭でバーベキューを頻繁にやるような習慣もない。
アフタ−5に何かをやるとしたら、それは昼の遊びではなくて、夜の遊びです。だったら、日照時間などほとんど関係ありません。

一方、夏時間を導入することで、確実なデメリットが一つあります。
それは、私みたいなウッカリ屋がかならず出るということです(苦笑)。
まあ、私の仕事はフレックスタイムですから、それで給料には響きませんが、普通の会社では遅刻扱いになってしまうでしょう。
アメリカでは携帯の時計などは勝手に時刻を合わせてくれますが、家中の掛け時計や車の時計などは時刻を合わせ直す必要があります。

北海道では試験的に夏時間をやってみたところもあるようですが、出勤時間をずらす等等の所謂厳密な意味での夏時間ではないようですね。
これが地元の人に受け入れられたのか、興味のあるところです。
夏時間の導入の理由は現実的なものであったかもしれませんが、これが支持される理由は、本当はもっと違うところにある、というのが私の印象だからです。

夏時間で夕方の時間が増えた結果、楽しい思い出を沢山つくった人は夏時間を支持するでしょうし、何も変わらなかった人は煩雑さだけを指摘するでしょう。
(勿論、その前に、企業がきちんと終業時刻に仕事を終わらせる努力をするのが前提ですが。)
つまり、夏時間が受け入れられるかどうかは、どれだけその国の人の生活や心にゆとりがあるか、のバロメータでもあると思うのです。

Daylight Saving、もしくはSummer Time、という言葉の響きに、何か甘い思い出や、ノスタルジーを感じる人は確かに居て、だからこそ、実はDaylight Savingは省エネ効果よりもエネルギー消費係数の方が高い、という研究発表が相次いでいる今も、すぐに止めてしまえ、ということにはならないのだと思います。

さて。気付いたらもう10時だ〜!
なんか、やっぱり一時間くらい体内時計がずれている気がする?!
[PR]
by lily_lila | 2008-03-11 11:59 | 渡米生活...住 | Comments(2)