excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
最新のコメント
ブログパーツ
トライアルセット
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
引っ越し前の準備
これから、2週間かけて引っ越しです。
なぜ2週間もかかるか?!
それは、ウサギがかじった後の後始末があるから、です……(汗)

いろいろ、出来るところはプロテクトしました。もともとカーペットが敷いてあるのにその上に更にカーペット敷いたりとか。でも、奴らは狡猾です。わざわざ敷いてないところを選んで齧るのです! あと、ドアとか、柱とか……(もうイヤ(涙))

しかし、ここはDo It Yourselfの国。連中より器用な(と信じる)我々に、出来ないはずはない!!と、DIYショップで絨毯の継ぎ目シールとカッターを購入。かじられたドアは、ペーストを塗ってやすりをかける。ちいさな傷はクレヨンみたいなペーストで誤摩化す。
……あああ……しかし、窓のゴム・ストッパーはどうしようもない……(TT)しっかりウサギの歯形がついてるし(TT)

カーテンは既にぼろくずなので、新居に持って行く事に決める。なんと、一部屋100ドル! どうってことないカーテンなのに、何故こんなに高いのか?!  やられたのは2部屋なので、既にデポジットから200ドルマイナス。
お子様などがいて、もともとついていたカーテンを汚されそうだったら、そのへんのWalMartあたりで買った格安カーテンに予め変えておくことをおすすめします(TT)

修復は難航しましたが、美術学校に行った同居人が齧られたドアの補修(奴はペーストの上にエンピツで年輪を本物そっくりに描いていた……流石。)、ワタクシが掘られた絨毯の補修をやり、なんとかプロフェッショナルの検査人の目を誤摩化すことが出来ました♪
ちょっとでもデポジットが返ってきてよかったよ(TT)
絨毯張り替えで、新たに追加料金とられたらどうしようかと………
以下、その戦績です。
f0064866_18294036.jpg

上部角がベーストで埋めた部分。少し色が違っている。
f0064866_1830228.jpg

コレ、角から一番近い年輪は、エンピツと絵の具で描いたフェイクなんですよ!!!
f0064866_18302652.jpg

絨毯を継ぐのに必要なものは、以下の通り。
  1. まず、絨毯用カッターとシーリングテープを買って来る。どちらもDIYショップで手に入る。継ぎ合わせ用接着剤も売っているが、これは特殊なアイロンなどを使わない限りあまりうまくつかないことが判明。テープが一番簡単。
  2. 現在ある絨毯と全く同じ絨毯。これを手に入れるのが一番難しいと思われるが、幸い、うちのアパートは地下に積んでありました(^^;;)

以上が手に入ったら、絨毯をひっぺがし、継ぎ直す部分をカッターで切ります。このとき、何目切ったかきちんと覚えておき、継ぎ合わせ用の絨毯も全く同じ目数だけ切り取ります。
きちんと目数が合っていれば、こんな感じで繋がります。
f0064866_1830443.jpg

位置を見定めて、裏からテープを張ります。
f0064866_183112.jpg

元に戻したところ。まだちょっと継ぎ目が見えてますが、押さえつけてならせば目立たなくなります。
f0064866_18312094.jpg

ちなみに、シーリングテープはこんな感じのものです。


新居は、既に絨毯がくたびれていて、管理人から「絨毯を変えなくてもいいなら家賃値引きする」といわれ、大喜びでYesと返事。まあ、あれなら、掘られてもどうせうちが出る時には張り替えだろうし。Heatも込みになって、まあ、ちょっと狭くはなったけど快適です♪
現金なもので、こうして移ってしまうと、あれほど未練のあった前のアパートにも後ろ髪ひかれなくなりました。
なにしろ、全部合わせて、ひと月300ドル強の節約になるからなあ。。。特に冬場は。
[PR]
by lily_lila | 2006-10-15 07:48 | 渡米生活...住 | Comments(0)