excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
ブログパーツ
トライアルセット
その他のジャンル
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


カテゴリ:渡米生活...食( 8 )
アメリカで納豆を作る
別にアメリカじゃなくても納豆は自作できますが(笑)

大豆納豆1パックとミキサー、玉ねぎのネット、ターキー用デジタル温度計、圧力鍋、オーブンがあれば簡単に大量の納豆が作れます!

納豆1パックすらも手に入らない、という方は日本からドライ納豆菌を買えばOK。
※圧力釜とオーブンはなくてもできます。
※温度計は、普通のアルコール温度計でもOK。

納豆キムチ+塩昆布のゴールデンコンビにハマっている人間にとって、3パック3ドル近くする納豆を毎回買うのは大変家計に辛いです。

というわけで、アメリカに来てからというもの、納豆は自作しています。
今でこそ「納豆、自作」のキーワードで検索すれば山ほどレシピがひっかかりますが、10年前はそんなにありませんでした。
当時見つけて参考にさせていただいたサイトをぜひ引用したかったのですが、見つからず、、(汗)そういうわけで、このレシピは私のオリジナルではありませんが、引用元紹介できなくてゴメンナサイ。


More
[PR]
by lily_lila | 2016-05-04 16:48 | 渡米生活...食
Jacques Pepin: More Fast Food My Way
アメリカのTVは色々な意味で日本とは違うのですが、顕著に違うもののひとつが、Cooking番組です。
何に驚いたって……

エッ、マジで30分かけてディップソースとタコチップス、とかアリなんですか?!

……(苦笑)。
そんなにディップソースに命賭けなくたって……もっと美味しい食べ物はいくらでもあるのでは、、と突っ込んでも無意味なのは、スーパーでたまに出会うコークとミルクと肉とポテチしか入ってないカートを押したお母様方(育ち盛りの子供付き)を見れば一目瞭然なのですが。

30分番組で、ただの一度もまな板と包丁を使わない、なんてのも余裕でアリです。
(まあ、30分といっても、半分はコマーシャルだが)
しかも、その手のクッキング番組が結構な割合を占めていたり。
その分、活躍するのはアメリカ人が大好きなフードプロセッサーです。
なるほど、どこの家に行ってもやたらデカイフードプロセッサーがキッチンの一角を占めているわけだわ、と納得です。

そんなわけで、こっちのcooking番組は殆ど見なかったのですが(あ、Iron Chefは見てるけどね)、PBSのCreativeチャンネルで、Jaqcues Pepinというおじさんがやってたcooking番組だけは一見の価値有りでした。

だって、ちゃんと包丁使ってるし!(笑)

男の料理、って感じですが、とにかく手軽! しかも、まるでグッチ裕三氏のように、本当に30分で3品作ってしまうのです(コマーシャル込み!)。
それから、色が綺麗。アメリカのおばさま料理研究家が作る料理は結構茶色一色だったりしますが、彼の料理はいつも赤、緑、黄色、と華やかです。結構野菜を使うのと、殆ど火を通さないで仕上げてしまうからですが、素材の味を殺さない程度に、なんて配慮をするクッキング番組は、ここアメリカでは希少です。ええ。

おおっ、アメリカにも出来る男が居るではないか!! と言いたいところですが、名前でお分かりの通り、この方はフランス人です。英語もフランスなまり、とっても簡単な英語しか使いませんから、字幕なくても多分大丈夫!

というわけで、一例をば。。



これ、誰かが録画して上げているのかと思ったら、どうやらこの「More Fast Food My Way」を放送しているチャンネルKQEDが提供してくれている模様! 素晴らしすぎます(TT)

以下、KQEDのMore Fast Food My Wayプレイリスト。もう200回以上もやっているようだが……
最近のものしか上がってないみたい。残念!

http://www.youtube.com/view_play_list?p=435B8F0CB00AF764

オリーブオイルをちと使い過ぎな感じもしますが、そもそも計量スプーンとか使ってないし(笑)
適当でいいんでしょう。。
生野菜を刻んで、レンジでちょっとだけ火を通す、というのはなかなかお手軽で結構です。。
[PR]
by lily_lila | 2009-03-24 14:37 | 渡米生活...食
RISO E PATATE
どこが「渡米」なんだ、とツッコミがきそうですが(汗)

出張でナポリに行って参りました。仕事終わっても次のミーティングの準備があってあまり遊べなかったのですが、ふらりと本屋に立ち寄り、そこで15ユーロ、約1000ページのイタリア料理のレシピ本"oggi Cucino IO 4" を見つけました。
勿論イタリア語。

でも、小さな文庫本ほどの大きさで、ページの左がレシピ、右が美味しそうな写真、とあって、絶対このレシピ簡単に違いない!!って長さのレシピばかりだったので、エイヤっと買ってしまいました。

さて、買ったはいいが、ただ眺めるだけじゃ勿体ない。(いや、眺めるだけでも十分楽しくなっちゃいそうな写真ばかりなのですが、、、)
そこで、Google 翻訳のご登場です!
とにかく、レシピを全部翻訳窓に打ち込んで、日本語変換してみました。

結果は、ご想像の通り、全然ダメ。。
何が書いてあるのかさっぱり不明。

そこで、イタリア語→英語ならどうよ、とやってみると……
おお、分かるじゃないですか!!!(笑)

レシピなんて、メチャ簡単な文法しか使ってないから、翻訳も精度が高いんですね。
以下、google翻訳様のご回答。
(原文は載せちゃうと著作権違反だから割愛)

続きはこちら
[PR]
by lily_lila | 2008-10-02 10:57 | 渡米生活...食
りんごの話
仕事が煮詰まってきました(爆)

こんなエントリーを書いている場合ではないのだが、、、
ちょっと目からウロコだったので(笑)。

こちらのスーパーに行くと、とにかくリンゴがこれでもか!ってくらい沢山積んであります。
うちの近所の24時間スーパーだと、なんと常時10種類以上の林檎がそれぞれ山を作っているのです。
そのほかに、ジュース用の安いまとめ買い袋、オーガニック印なども合わせれば、林檎のブースだけで軽く20は超えているといった具合!
(まあ、そこのスーパーがちとやりすぎなのかも知れませんが)

で、それだけ山ほど売るからには需要があるわけで、、、
こちらの人(アメリカ人)は多分必要なビタミン類は殆どリンゴとか果物からとってるんじゃないか、ってくらい、皆様よく林檎を丸齧りしておられます。

実は、私もここ2ヶ月ほど急激に太った分をなんとかしようと、リンゴを夕方に一つ食べる事にしています。というのは、仕事が遅くなるので、夜帰って10時頃に夕食を大食いしてしまうと、皆肉になってしまうのですね(TT)

ところが、夕方6時ごろに、丁度おなかがすいてきた時にリンゴをひとつ丸かじりすると、あまり夕食でドカ食いしなくて済むのです。おかゆ1杯と小皿にちょっとおかずくらいで済ませておくと、朝は胃もたれせずにすっきり目が覚めるし、非常に快調です。
(体重も2ヶ月で5キロ減ったし!)

そんなわけで、急にりんごの消費量が上がりました。そうなると、沢山ある種類のどれがいいか、という話になりますよね(笑)。

で、ためしに、全種類一個ずつ買ってみて、毎日ひとつずつ食べて比べよう、ということになったのです。
まあ、熟れ時にマッチしたものとそうでないものの差はあるかもしれませんが、大体の傾向はわかるだろう、ということで。
(勿論、産地や諸々の条件でかなり順位は移動すると思います)

続きはこちら
[PR]
by lily_lila | 2008-03-20 10:04 | 渡米生活...食
クリスマス・イブのケーキ

冬の最大イベント、クリスマスがやってきた。

クリスマスといえば、クリスマスツリー、サンタクロース、クリスマスプレゼント、それからケーキ! というのが日本人の感覚であるが、私のconversation partnerは「クリスマス・ケーキって不思議よね!」とのたまってくれた。

アメリカの田舎町では、十二月に入ると車のてっぺんにツリーをくくりつけた車が忙しく往来する。サンタクロースはWalgreensやスーパーの入口で赤い缶の隣で鈴を振っているし(勿論寄付を集めるため)、クリスマス直前のショッピングモールは、家族全員分のプレゼントを揃えるためにリストを片手に持った人々が目を血走らせている。
実はこれが予想以上に大変で、家族からおじいちゃん、おばあちゃん、友人、職場の同僚、と毎年プレゼントをひねり出し買いそろえるのが、そりゃもうおおごとなのだ。
一家の主婦ともなれば、これにクリスマス・ディナーの準備が付け加わる。日本でも年末の主婦の忙しさはこれに比肩するけれど、プレゼントはお年玉と決まっているから、まだ少し楽なのかもしれないな、と端から見ていて思う。
それなので、この時期、nativeの友人達はとても仕事どころではない。クリスマス休暇は楽しみだが、それなりにストレスもある、というところであるらしい。

続きはこちら
[PR]
by lily_lila | 2007-12-25 08:22 | 渡米生活...食
脱肉食生活
肉食生活の次がコレか、と笑われそうですが(苦笑)

ルームメイトと相談して、そろそろ脱肉食生活するか、という話になりました。
脱肉食、というのは、完全なベジタリアンではなくて、とりあえず肉やめる努力しよう、ということです。
(なので魚はOK。何故かは後で書くから、ここでつっこまないこと!)
理由は、腹がでてきたから、ではなくて、単に、「それでもいいかな」というところです(笑)。

はっきり断言しますが、私は肉の味が好きです。
(でなきゃあんなデカイステーキなんて焼かない)
ルームメイトはあまり好きではないので、たまに私が「肉食わせろ!」とわめいて塊肉を買って来る、という感じです。こないだもローストチキン買ったばっかだし(笑)

なのに、何故脱肉食か、というと……
多分、ウサギを飼っているから、かな? (笑)

続きはこちら
[PR]
by lily_lila | 2007-11-10 12:02 | 渡米生活...食
肉食生活…

暖冬だと言われていたMadisonも漸く例年並みの気温になり、只今の外部気温はマイナス19度です(^^;)。
ただ、湿度が低いので、そこまで気温が低いようにはあまり感じません。
もっとも、外に5分もいれば、足下まである分厚いダウンのジャケットを着ていても、冷たい外気温が染み通ってくる程度には寒いですが。。。
有難い事に、今のアパートは暖房込みなので、冬の間中アパートに入ればぬくぬくです♪
やっぱ、引っ越してよかった〜!

さて、そんなわけで冬も快適なMadisonですが、唯一寂しいのが魚が高いこと。生魚はみないいお値段です。サケ(淡水)は安いだろうと思っていたのに、サケがとれる川からはやっぱり遠い、ということですね(TT)
で、その代わり、というわけじゃないけど、牛肉はとても安いです……
そりゃ、Wisconsinは人の数より牛の数の方が多いんだもんな(笑)(<これ、ジョークらしいですが)
日本にいる時は、高いばかりで美味しくもない牛肉は本当に食べない、というかそもそも買わなかったんだけど、こっちでは、魚が食べられない分多少肉に片寄らざるを得ないわけで…

なんて言い訳しているうちに、すっかりステーキにはまってしまいました(爆)。

続きはこちら
[PR]
by lily_lila | 2007-01-18 18:45 | 渡米生活...食
ピザ
久しぶりに、生活ネタ。

只今、4日間のsoftware講習中なんですが、お昼に外に行く暇が勿体ないので、4日間連続で宅配ピザをとっています。
まあ、15人くらいの講習会だから、30inch程度のピザが4枚、それをみんなで分けて食べるわけですが…
特にアメリカに限ったことじゃないでしょうが、そのなくなり方が面白い。
4枚あると、大体ひとつはチーズだけ(Wisconsinはチーズの産地なので、4種類のチーズとトマトソースだけ、というピザはざらにある)、ひとつはサラミもしくはミートボールとチーズだけ、一つはマルガリータ(バジル、トマト、チーズ)、あと一つはベジタリアンかミックスピザみたいなもの、になるわけですが…

私の選ぶピザは必ず最後まで残るんですね(笑)。

やっぱり野菜がいっぱい乗ってるやつが好きなので、ついマルガリータかベジタリアンを選んでしまうんだけど、こちらで育った学生さんはまずサラミに群がり、そのあとはチーズ、マルガリータ、ベジタリアンの順番。最後の一つがミックスピザで肉が入ってると、大体マルガリータと同列。

ここまで露骨だと、単に肉好き、チーズ好き、というより、本当に野菜が嫌いなのか?? と思ってしまう。大体、Bratz(こっちのソーセージ(Bratz)を挟んだホットドック、ホットドックと言うとソーセージの種類が変わってしまうので、こちらでは"ブラッツ”と言う。ちなみにブラッツの方が数段おいしい)にも頼まなきゃ炒めたタマネギすら入らないし、ホント、冗談抜きでマクドナルドの方がよっぽどヘルシーなんですよ…
日本でも野菜嫌いな人はいるけど、マックのハンバーガーに入ってる程度のレタスやタマネギが食べられない、という人はそうそう居ないんじゃないかな。

アメリカは農業大国でもあり、スーパーには野菜が溢れているけど、それを買ってる人は人口の割に少ないと思うんですよ…あるいは買ってても、サラダ用のミックスリーフ1袋とか。生で食べられる野菜の量なんて知れてるけど、あの体、あの肉の量だったら、買い物かご一杯くらいのサラダにしないとバランスとれない、と日本なら言うでしょうね(笑)。それが本当に健康に
良いかどうかは別にして。
友人の家に呼ばれてごちそうしてもらう事もありますが、大抵野菜は付け合わせにブロッコリーのゆでたのとか、アスパラガスのゆでたの、という感じで出てきます。

面白いのは、この参加者の中にイタリア人が二人いるんですが、彼等は迷わずマルガリータなんですよね(笑)。で、もう一つはベジアリアンか、ただのチーズ。まあ、二人だから統計が少なすぎるけど、食べ物の話をしても、彼等とは結構味覚が合うのです。ちゃんと、野菜の調理法を知ってるし(ゆでるだけとかじゃなくて(笑))、調理された野菜をやっぱり美味しいと思うらしい。アメリカ人は、たまに、生の野菜が一番美味しいと思ってるんじゃないか、と思う事がありますが(事実、殆どの場合、それは正しい…自分で調理しない限り)。
勿論、素材の味を殺すような調理にはなかなか厳しい意見が飛んできます。
以前、彼等の作ったピザをごちそうになりましたが、これが本当に美味しかった!
今までピザだと思って食べていたのはなんだったの?! というくらいの衝撃でした。
自分で作った生地には、トマトペーストすら薄ーくしかついてなくて、その上に小さなハーブとドライトマトの欠片。それから多分、特別な塩。以上、です。油っぽくもないし、とにかく生地が美味しい! 彼等曰く、「アメリカのピザは弄り過ぎ」だそうで。

うーん、やっぱり、イタリアの研究グループにしとけばよかったかな(笑)。
[PR]
by lily_lila | 2006-07-21 04:17 | 渡米生活...食