excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
ブログパーツ
トライアルセット
その他のジャンル
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


カテゴリ:渡米生活...イベント( 4 )
Overture Center

Madisonの芸術の中心、Overture Centerに初めて行って参りました!

以下、Overture Centerのガラス張りのロビーから。
f0064866_15374625.jpg

f0064866_15385469.jpg


実は職場の裏にあったりして、毎日横を通っているんですが、昨年春の五嶋みどりのコンサートが中止になって以来(TT)なんとなく行く機会がなかったんですよね。
(ほんとにほんとに、みどりちゃんのヴァイオリン聴きたかったけど!!!でものっぴきならぬご事情だったようで、涙を飲みました…(TT))

でも、今度はピンカス・ズッカーマンが、地元のMadison Symphony Orchestraとバッハのヴァイオリン協奏曲その他をやるというので、思わずA席奮発してしまいました!
A席75ドル。一番安い席は15ドル(University Wisconsinの学生だと10ドルになるらしい?!)
めちゃくちゃ悩みましたが、どんな指を使ってるか、ボウイングはどんな感じか、やっぱり見てみたかったので、エイッとばかりに、高い方を………

で、結論。

安くても、2階以上の方が、あのホールは音が断然いいです(T▽T)

まあ、大体、どこのホールでも1階より2階の方が若干音がいいんですが、Overture Centerは今時めずらしく4階までバルコニーがある(!!)古風な作りで、高さのわりに客席の奥行きがないんですね。
座席表をみてそこそこ1階でも真ん中より後ろの方だったので、これならいい音が聞こえるだろう、と思ったんだけど、全体の奥行きがないからちょっと近すぎました……それから、思ったより傾斜がなかったし。

事前に一度でも中を見ておけば、確実に2階以上を選んだんですが!
ただ、4階までつみかさなったバルコニーでは、矢張り後ろの方はソリストがあまりよく見えない席とかもけっこう在ったみたいです。。。
だから15ドルなのね (^^;)
でも、音は相当よく聞こえたようで、15ドルの席で聴いていた友人は、「ズッカーマンのブレスの音が聞こえた」と言っておりました。
(これは彼が鼻息が荒い、という意味ではないですよ! 弾き振りですから、オケに合図を出すために、呼吸を自分に合わせるよう大きく息を吸ったりすることがある、ということです)

このOverture Center、実は2年前に建て直されたばかりです。古い建物が老朽化したので全面リニューアルとなったのですが、その時に近代的な、どこからも舞台が見えて音がよくて…というホールにしなかった事に、むしろ驚きました。
(まあ、もしかしたら、そこまで直すほど予算がなかったのかもしれませんが。)
やっぱり、マディソンはアメリカじゃないなあ、と(笑)。

こういうホールは、ヨーロッパにはよくありますよね。
勿論、皆建物が古いですから、階級の差がはっきりしていた時代を反映している、ということもあります。
で、そういうホールをリニューアルするときに、やっぱり対応は二つに別れるのだそうです。
それまでの形を踏襲するか、近代的に座席を配置しなおすか。
どちらがいいのか、どちらにも賛否両論ありますけど、アメリカだったら多分近代化をとるだろうと勝手に思っていました。
でも、「見えない席」にも強力なメリットがあります。つまり、チケット代が安い!(笑)
この日のプログラム、ウェーバーの序曲、バッハのコンチェルト(しかもズッカーマンの引き振り)、メインはチャイコの4番という、おなかいっぱいのプログラムです。
それが15ドル!!! 学生なら10ドル!!!
映画見るのと生のフルオケ(しかも世界的に有名なソリストつき)が同じ値段なんて、日本じゃありえないですよ(T▽T)
UW(ウィスコンシン大のこと)には音楽学部もありますし、そういう学生さんが3日間通い詰めても30ドルです……
私も、15ドルの席にしておけば、3日通っても45ドルだったのか……(遠い目)

ちょっと、次は、是非そうしてみよう、という気分になりました (^^;;)
まあ、1階は勿論、弾いているところがよく見えて面白かったですけどね(笑)
ただ、周りが、やっぱり年輪を重ねられた教養のありそうなご老人ばかりで (^^;;)
私のような若造がこういう席に座っちゃいかんのだな、と、妙に納得。。。

で、ズッカーマンの演奏はどうだったか、って? (笑)

そんなわけで、音響的にベストの位置で聴いたわけではないので、音色についてはよく分かりません。(つまり、かなり生の音が聞こえている状態だったので)
出だしは、少々ざらついた印象でした。やっぱりズッカーマンも年をとったのかな、とその時は思いましたが、休憩の時に2階で聴いたホルンの音色と1階での音の差を考えると、2階ではかなり違ったふうに聞こえていたと思います。
もっとも、それでも、序盤過ぎた頃からぐんぐん調子を上げて、流石の音色でしたが。

でも、それより何より、やっぱり2楽章が圧巻でした……
バッハのヴァイオリン協奏曲1番は、ややもすると、2楽章が眠くなりがちです。
いや、綺麗なんですけどね。。。でも、同じメロディの繰り返しが結構出て来るので、後半集中力が切れて眠い演奏多いんですよ(^^;)。
それが、後半(つまり眠くなって来る頃)からどんどん艶身と凄みを増して、どんどん密度が高くなっていく。これでもか、これでもか、と切り札がどんどん出て来るわけですよ(笑)
今更ながら、「ああ、バッハがやりたかったのはこういう事か!」とすごく納得させられた感じです(笑)
あの2楽章のためだけにでも翌日もう一回15ドルの席で聞きにこようかと本気で思いました(笑)
(時間がなくて結局行けませんでしたが)

全体の楽章を通しては、やっぱりちょっと残念ながらオケの方が少人数のアンサンブルに慣れていない、という印象がありました。ちょっと音がざわついているというか……前プロのウェーバーの時から思っていたのですが、人数の割にうまく鳴っていないな、という印象がしていました(もっとも、これもホールの音響がかなり寄与する部分なので、場所によってかなり印象が違ったかもしれませんが)。それでも、人数が多ければなんとか力技で出せますが、バッハで各パート2プルトに減ってしまうと、そのざわつきがもろに聞こえてしまうわけです。大編成オケでの音の出し方と、少人数アンサンブルでの出し方は違いますので、多分慣れていなかった、ということなんだと思います。
で、ズッカーマンのものすごくはりつめたような細いピアニッシモに対し、アンサンブルがざわついて煩く感じる箇所がいくつかあったのが残念。こういうバックの音は難しいっていうのはよくわかってて、自分もやれと言われたら出来ないんですけど(笑)。ただ音量落としても、ザワツキはおさまりませんから。でも、こういう印象って、結構アメリカのオケにはありがちなんですよねえ(笑)元気な曲をやらせると、ホントに明るく元気にやってくれて、楽しいんですけどね(笑)

そんなわけで、前プロとメインの二曲は彼等の血に合った(?!)選曲で楽しかったです。
それでなくても、チャイコ4番は替え歌とかいろいろツッコミ所満載ですしね(笑)。

今度は、フリーのオルガンコンサートに行ってみるかな!
[PR]
by lily_lila | 2007-01-27 14:26 | 渡米生活...イベント
Celtic Celebration

またまたConcert on the Squareの日がやってきました。
今日は2時からMeetingがあったのですが、どーしても席とりをしたかったので、ちょっと会議を抜けて場所取りに。(もう殆ど終わってたからいいんだけど)
今日の演奏はPBS (Public Broadcasting Service、公共TV放送で、放送内容はlocalに変わります。放送受信料はとりませんが、大変いい番組をたくさんやってます)で放映されるということもあってか、心無しか何時もより更に人出が多い気が。

f0064866_13301430.jpg

Captal Loopの道の外まで人がいっぱいです。道をはさんで向かいのビルにCapitalが写ってます。
f0064866_13332160.jpg

前の老夫婦は、My Deskを持ち込んでました……この高さのテーブル、欲しいんだけど!!!何処で売ってるのか、未だにわかりません。勇気出して聞いてみればよかった。
f0064866_13335025.jpg

一度は予約席で食事付きコンサートを楽しんでみたい!! でも、料理の味は、いまひとつ、期待していいものかどうか微妙なんだよな(^^;;)

本日のテーマはCeltic Celebration, ゲストもバグパイプの演奏者に3人のアカペラ歌手でケルト色満載。しかし、こんな田舎町にバグパイプの演奏者がいるって凄いなあ(笑)
アカペラの方も、ケルティック・ハーモニーで綺麗でした。なんであんなバグパイプみたいな声が出るかな…バスの人。。女声はまだ日本人でも出せそうだけど、あのバスはなかなか日本人の体格では厳しそうですねえ。

Concert on the Squareのページ

f0064866_13372649.jpg

バグパイプはたいそう息を使うそうですが、おじいさんよく吹いてるなあ。
f0064866_13374710.jpg

アカペラの3人組。楽器みたいな声でした。

後半は、後半指揮者がケルトのスカートをはいて出てきました(笑) あのスカート、後ろから見るとまるっきり女子高生の制服! しかも上着はもとのスーツのままだから、よけい女子高生(笑) 靴下にもワンポイントのひらひらがついてて、なかなか可愛らしかったです(勿論指揮者はいいおじさん)

f0064866_1338677.jpg


これで、今年のプログラムも5回までが終わり、残す所来週の1回のみになってしまいました。
残念だけど、そろそろ日の入りも早くなって来て、終演時間(9時)にはあたりも暗くなってくるからしょうがないですね。コンサートが始まったころは、まだまだ9時でも明るかったんですが。

コンサート終了間際、少しずつ辺りが暗くなって来ると、黄緑色の光があちらこちらを横切るようになります。
何かって??
なんと、ホタルです!!
いきなり目の前に黒い点が降って来たので、びっくりしましたよ!

f0064866_1339529.jpg

眼鏡のレンズにはりついた蛍。結構大きいです。
f0064866_13401681.jpg

裏からみると、お腹の蛍光部分がよくわかります。

一応、MadisonはWisconsin州の州都でして、今いる場所は千人以上の人間が集まるCapital Squareなんですが、こちらのホタルはそんな事は全く気にしないようです。
まさか、お酒の匂いに引かれてやってきた、なんてことはないでしょうね?!
日本のかよわい蛍の印象からは考えられないですね。
でも、涼しい夕べにあちらこちらに乱舞するホタルは本当に綺麗です。

帰りがけ、コントラバス奏者の二人組に出会いました。
背の高いお姉さんとお兄さん。二人ともでっかいコントラバスを転がして(ケースの下部に小さな車輪がついている)、お姉さんは背中にエレキベースを背負い、お兄さんは片手にアンプを持ち(……)。お姉さんはピンヒールです……重いアンプを持っているお兄さんを連れて颯爽と去って行きます。雰囲気からしてトップ(お姉さん)の荷物持ちをする平パート員(お兄さん)でしょうか(勝手に夢想)。カッコ良すぎ(涙)

ホント、夏のマディソンは永住したくなります……
冬になると気が変わるけどね(笑)。
[PR]
by lily_lila | 2006-07-26 22:19 | 渡米生活...イベント
Concert on the square
6月の最後の週から8月の最初の週にかけて、毎週水曜日の夕べに、Madisonでは "Concert on the square" というイベントが催されます。
ここでsquareとはどこか、というと、なんとCapital Square、つまり州の議事堂がある広場なんですね。
ここの芝生に皆で毛布を敷き、ランチボックスとアルコールを持って、7時から始まるWisconsin Chamber Orchestraの演奏に耳を傾けます。勿論タダです♪。
曲目は、クラシックが主体ですが、たまにミュージカルナンバーなども。(私はクラシックが好きなので、この選曲は嬉しい♪)

f0064866_13103039.jpg

f0064866_13113679.jpg

グラサンかけてる奏者がいるのが面白いです(笑)でも、彼は丁度西を向いて座っているので、これは必須でしょうね。手前のコンサートミストレスは白に近い金髪ですが、Madisonはドイツ系とアイリッシュ系が多いので、たまにこんな髪の人を見かけます。

スピーカーが各所に配置されているので、少々オーケストラから離れていても音は聞こえるのですが、やっぱりできれば近くで聞きたい! というわけで、当日は昼から場所取り合戦が始まります。3時以降、芝生への毛布の持ち込みが解禁となり、どこからともなく人が集まってきます。

f0064866_13115842.jpg

左は席をあらかじめ予約しておいた人用。ディナーも出ます。右はもちろん、タダ席で早い者勝ち。
f0064866_13121840.jpg

私の前には既にこれだけの席が埋まってました。。

私も3時きっかりに職場を出て場所とりに行ったのですが(幸い職場がCapitalのすぐ近くなので)、既に最前列はもう埋まっていました。日本人としては譲れない御座を毛布の代わりに敷いて戻ってくる途中、携帯で話しながら歩いてくる若いビジネスマン発見。仕事の話でもしてるのかな、と思ったら、手にはしっかり毛布が(笑)。まだ若かったから、恋人か奥さんと夜の打ち合わせかな? と言ったら、友人は「職場の上司と夜の宴会の打ち合わせでは」と返してきた…(汗)成程、日本ならその可能性の方が高そうですが(^^;)。

とにかく、ビジネスマンでも仕事抜けて席とりに来るくらい、夏のこのイベントは大盛況です。
Capitalをとりまく道は歩行者天国になり、道路まで椅子を持ち込む人で溢れます。
理由のひとつは、多分お酒が飲めるからではないかと思うんですが。
Madisonは街全体が大変美しく、ゴミもおちてないし酔っ払いが路上で寝ていることも殆どないのだけれど、それもその筈、なんと外(public space)でお酒を飲んではいけないことになってるんですね。勿論煙草もダメ。なんと、バーでさえ煙草禁止!
「ちょっとピクニックに言って、ビールを…」なんて、日本じゃ当たり前だけど、こっちでは禁止。だから、ピクニック・ポイントでお酒飲んで騒いでいる集団なんて、本当にみかけません。
それが、どうもフリーコンサートでは解禁になるらしい。まあ、もともとヨーロッパから来た習慣でしょうから、お酒がダメというのはあまりにも寂しい、ということなんでしょうか。
でも、大人も子供も、騒いでいる人なんて皆無です。
(おしゃべりしたい人たちは、ちゃんとオーケストラ席から離れて場所をとる)

こういう常識とか、マナーとかいうのは、どうやったら維持できるのかな、と不思議に思います。
携帯切れとか、喋るなとか、ゴミはゴミ箱に捨てろとか、そんな子供じみた注意アナウンスなんて皆無なのに皆が守るのは何故か?
やっぱり小さい頃からこういう状況に慣れておく、というのが大事なのかなあ…。
花火の項でも書いたけど、こういう場所に普通に子供がいて、家族連れがちゃんと楽しめているというのが素晴らしいと思うんですよ。
「クラシックのコンサートなんて、親だけ音楽を楽しんで、子供は退屈」と日本では思ってる人が多いようだけど、やっぱり小さいころからの環境なんじゃないかなあ、と思う今日このごろ。だって、結構子供も楽しんでますよ。飽きたら勝手に本読んだりとか、寝てたりとか(子供だけじゃないけど(笑))
ホールの椅子に座って窮屈な姿勢で静かにしてなくちゃいけないのが子供には苦痛なんであって、好きな姿勢で聞ければ楽しいと思うんだけどなあ。ご飯もないしね(笑)。

f0064866_13125190.jpg

みなさん思い思いの格好で聴いてます。。。

f0064866_13131551.jpg

本日の夕食(笑)。

最後に、非常にMadisonらしい出来事をひとつ。
休憩時間に、急に周囲から拍手がわき起こったので、何事かと見渡したら、道路を「Impeach George Bush!」と書かれた横断幕を持った人たちが歩いていた(笑)。
impeachというのは、「告発する、弾劾する、解任する」などの意味があります。
いや、Capitalの前でこれをやって、拍手を貰える州(とくに中部)はほとんどないんじゃないかと…(笑)。
Madisonは反ブッシュの風潮が強いので、普通に車に似たようなステッカーが張ってあったりします。もっとも、これはWisconsinの傾向というわけではなく、特にMadisonがそうだということのようですが。お陰で、私はこちらのアメリカの友人と喧嘩せずに済んでいます(笑)
(はっきりいって、ブッシュを全面的に支持する友人は一人もいない…西や東の海岸沿いならともかく、中西部でこの状況は驚異ですね)
まあ、だから、こんなにアメリカっぽくないんだろうな(笑)。
[PR]
by lily_lila | 2006-07-22 01:41 | 渡米生活...イベント
花火大会

7月4日は、Independence Dayです。
アメリカではこの日を各地で盛大に祝うわけですが、Madisonは土地柄、私のような外国人が見ていてうんざりするほどの騒ぎ方、というわけではなく、めでたいけど節度ある祝い方、といった感じでした。

さて、実は1日の土曜日に、年で一番大きな花火大会がありまして、それを間近で見ようと車を出したのですが、生憎この周辺の夏の脅威トルネード警報が出て、イベントは延期になりました。我々は中止と思い込み、翌日に行われた花火を見逃して、がっかりしていたところ、Independence Dayにも家のすぐ近くで花火があがる、と友人からお誘いが。

勿論、お弁当持って駆けつけました。
場所はゴルフ場(よくゴルフ場が許したな、と思うんですが…アメリカ人大らかだから? それともIndependence Dayだから?)、ティーショット用のグリーンの斜面にめいめいブランケットを敷いて、隣では市民ブラスバンドがミュージカルナンバーを演奏する中日の入り待ち。打ち上げ地点は100m先くらいで、打ち上げ地点が目の前に見えてます…日本の花火だったら、こんな近くで上がったら爆音がうるさくてたまらないでしょうが。

この日は、マンドータ湖を取り囲むように、数カ所で花火が打ち上がりました。見てくれはまあ、日本の花火と比べるとかなり単純と言わざるを得ないけど、こんなに近くで見られて、なおかつ人混みに悩まされなくていいというのは大変気分のいいものです。親子、ジジババ、大学生、いろんな世代の人間が集まってのんびり花火を見ている、いかにもMadisonらしいイベントでした。

f0064866_1350862.jpg

これ、目の前100メートルくらいで上がってます!
f0064866_13502725.jpg

私の好きなしだれも少し。。でも殆どはディズニーランドで上がる花火みたいなやつでした(^^;)
日本の花火との一番の違いは、花びらの数かも知れません。たくさんを一度に上げることを想定して作られているようです。

こちらに来て素晴らしいと思うのは、家族で参加できる無料イベントの豊富さです。冬が長いので余計に夏に爆発するのかもしれないけど、夏はとにかくブランケットとランチボックスを持って…という機会がふんだんにあります。実は、日本にだって探せばあるんだろうけど、そこまで電車で行って、行っても人がぎゅうぎゅうで…と思うと外に出る気力がなくなっちゃう。子供をつれているご両親なんて、そんな所に子供を連れて行ったら疲れ切ってしまう。

Madisonでは、町の小ささも手伝って、そこまで親が疲れなくてもいいような状況になっていると思います。
この花火大会も、日本人の発想なら、大きな会場を確保して数カ所で上げる花火を一カ所に集めて、できるだけ大きなイベントに、という思想になると思うんですよ。
でも、各地で上げることで、あまり広範囲に動けないお年寄りや、小さな子供連れのファミリーにも参加しやすい雰囲気になってる。職場の上司の一人が、「子供を育てるには最適の場所だからこのグループに参加した」と言っていたけど、本当にそうだな、と思いました。

日本では地域の小さなお祭りに人が集まらず、大イベントに総決算とばかりに押し掛ける傾向が顕著になって久しいですが、そういうのって民族性もあるのかな。
[PR]
by lily_lila | 2006-07-04 23:36 | 渡米生活...イベント