excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
最新のコメント
ブログパーツ
トライアルセット
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


素敵なブログみつけました!
こちら
イタリア式誕生日の祝い方
です。。

イタリア在住のピアニスト、ウララ・ササキさんのブログです。偶然行き当たったのですが、イタリアの生活や音楽のことなど、見ていてとても楽しいです!
私はピアノにはまってからかなり日が浅いので存じ上げなかったのですが、ピアノ雑誌「レッスンの友」で「抱腹絶倒エッセイ」を連載なさっているとか(笑)
是非そちらも見たいのですが、残念ながら、ここでは無理。。。
日本に帰ったら書店を覗いてみようと思います。

ブログからは、ピティナの録音データベースにもリンクが張られていて、レスピーギの「リュートのための古風な舞曲とアリア」から「シチリアーノ」のピアノ版の演奏が聞けるようになっていました!
実はワタクシ、この曲(原曲は弦楽合奏もしくは管弦楽です)ものすごーーーーーーーく大好きなんです!!!
もう、1日聴いてても飽きない!!ってくらいです!!
レスピーギはかなり近代の作曲家ですが、これは「古風な舞曲」と作曲家がわざわざ名付けただけあって、かなりバロック的というか……でもロマン派的でもあって、そのへんがとても好きなところです。
で、これはもう弦の専売特許だろう、と思っていたのだけれど、このピアノ版をきくと、これもまたすごくいいんですよ!!
ウララさんの、優しげで繊細な、でも芯はしっかりしたピアノがまたとてもいいです (^^)
弦楽器奏者でイタリア出身の方は、わりと共通した雰囲気の音を持っているな、と以前から思っていて、いい意味で繊細、上品、それから、音色が明るい、という気がします。それが、イタリア・バロック音楽の音にはとても良く似合う。
弦はまた余計にそれがはっきり出る楽器だと思っていたけれど、ピアノでもこういう(私の思う)イタリア的な音が出るのだと知って、少し驚きました。
何しろ、ピアノ歴浅いですから(笑)どっちかっていうとロシア系、あるいはフランスものだけフランス系、くらいしかあまり聴いたことがなくて。
あ、ポリーニのCDは持ってますが……(^^;) < でもやっぱり、基本明るめだよね(笑)
でも、ウララさんのこの録音の方が、「まさにイタリア!」って感じがします。。。

この曲の録音はないのかな、と公式ホームページを探してみたのですが、残念ながらまだ出ていない模様。でも、バッハのシャコンヌ(!!)というまた私の垂涎ものなCDを出しておられたので、ついアマゾンで買ってしまいました (^^;)
日本に届くので、帰って聴くのが楽しみです♪。

はっ。。。
何でこの記事にトラックバックしたのか書くの忘れた!

実は、この他にも沢山楽しい記事があるんですが、もう、この記事があまりにもツボで、吹き出さずにはおられなかったもので……(笑)
実は、この記事、私が不思議に思っていた事に見事に応えて下さっているんですよ!

何が不思議かというと、
前にもピザの所ですこし触れた、二人のイタリア人コラボレータの事です(笑)。
彼等、自分の誕生日には、必ず自宅でパーティを開いて、美味しいイタリア料理をごちそうしてくれるんですよ!
(お手製ピザもそのときいただきました)
で、笑いながら、「自分の誕生日なのに自分が一番働いてるの?!」と言ったのですが、今にして思えば、これはイタリア人なら当たり前のセンスだったんですね!
いやはや、納得(笑)。

日本では、誕生日は「祝ってもらうもの」という感覚があって、それは文字通り自分が目出度いのだから他人から祝ってもらう、というのと、自分のお祝いを自分でコーディネートするのはちょっと恥ずかしい(あつかましい?)という遠慮とが重なった結果だと思うんですが……
ああして、美味しいごちそうをふるまって、みんなに楽しんでもらって、というのを非常に楽しそうにやっている彼等をみていると、その方がなんか素直で健全だなあ、って気になります。。
最近のアッパーミドルクラスの子女の誕生パーティに親が大金をつぎ込んで、クラスメイトを呼んでみせびらかす、というアメリカの風習にはまったく共感しないですが(苦笑)
自分の手で友達をもてなす誕生パーティっていうのはいいな、と思いました(^^)。

うーん。
今年の誕生日は、寿司パーティでもやるかなあ。
でもって、また一つ年をとる衝撃は忘れる!
(でも、ジャパニーズ・スシはここではコスト高いんだよね…(T▽T) なんせ、生魚がべらぼうに高いからなあ……しかも、スシと聞くとみんなホントに来るし!)
[PR]
by lily_lila | 2007-01-24 13:44 | 音楽 | Comments(1)
Commented at 2007-01-27 08:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< Overture Center Python : プログラムの... >>