excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
ブログパーツ
トライアルセット
その他のジャンル
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


パリ旅行記5 〜 音楽な一日その1、パリ音楽院と楽器博物館
<< 「パリ旅行記4 〜 3日目後半と4日目」 へ

さて、やっとこさ仕事が一段落したので、金曜日はかねてから予定していた音楽巡りをやりました。
出発前に、昨日行ったムフタール通りの近くの朝市へ。

RIMG0127




RIMG0125
RIMG0126
RIMG0015
RIMG0016

ああもうこんな活きの良い魚達みたのどんだけ久しぶりだろう(涙)
長期滞在なら、是非こういう魚を買って調理したかったけど、一人で魚1匹まるごとはなあ…。。

RIMG0128
RIMG0130

画面に映ってるチーズ、全体の売り場の1/4です(笑)

RIMG0131
RIMG0132

この匂いに抗えず、つい買ってしもうた(しかしこれはドイツ料理……)
初めて使ったよ、" je voudrais~ " の表現!!
(しかし、結局、そのあとソーセージの単語が分からなくて指差して終わり(笑) へぼっ!!)
そのあと、イチゴを買う時は、ちゃんと " Je voudrais fraise” って言えましたが。
(え、イチゴが複数形になってない? 冠詞がない? ……そのへんは勘弁して(苦笑))

RIMG0134

帰りに寄ったパン屋さん。マカロン売ってる〜!
(でも結局買ったのは小さなクロワッサン1つだけ)
だって、超貧乏旅行なのだ、今回は。。。パリの滞在費は出張費に含まれないからな〜。

で、町中で、けっこうこういうのを見るのだけど……

RIMG0135

これのウラはこうなっています(笑)

RIMG0136

これがまた、いい匂いなんだよね(TT)
一人では食い切れんから、手がでなかったが……。

で、この先は、また地下鉄に乗って…(地下通ってないけど)

RIMG0137

RIMG0138

Porte de Pantin駅で下車。
下りたら、すぐにバイオリン抱えたお姉さんに遭遇。

RIMG0139

そう、見にきたのは、パリ音楽院です……(笑)
貴重な唯一仕事フリーの休日を使って、こんなところに来るとは、自分も相当オタクだな、と我ながら苦笑。
(いや、別にのだめオタクではない)

RIMG0142

もっとなんか、歴史ある建物をイメージしていたのだけど、パリ音楽院(正式名称はパリ国立高等音楽・舞踊学校)って結構モダンな建物なんですね。
考えてみたら、防音設備とか考えたら、そりゃ新しい建物の方が良いに決まっているか。
パリ音楽院には、入学に年齢制限があります。そのせいかもだけど、学生さんがみんな若い……。
ここに入るには、ホントに若い十代の頃に、色々やりたいこと我慢して必死に楽器の練習をやるしかないんだなーと思うと感慨深いです。

だって、若い頃って、なんでも将来やれそうな気がするじゃないですか。
でも、本当は若者が思っているほど、将来の可能性は広くない、というか、あの時期にサボったらサボっただけの未来しか開けない。どんなに今自分がリストとかショパンとかバラバラ弾きたいと思ったって、今からじゃもうどう頑張っても遅い、、(笑)。
大人になってから頑張って間に合うことと、間に合わないことがある。

そういう意味で、最近は、若い人に「未来は明るい、可能性がいっぱいある」みたいな事しか言わないけど、本当は「そんなに大人が宣伝するほど広くはない、今必死に頑張らないとね」というメッセージもちゃんと伝えた方がいいと思うんだよね。
日本にいると、あまり階級(クラス)ということを意識しないけれど、アメリカでも、ヨーロッパでも、厳然としたクラスの壁があって、そこを超えて上に行きたかったら、十代の頃に必死に頑張るしかないわけです。
いや、頑張れる環境がある子はまだマシかも。本人頑張りたくてもどうにもならない現実もある。
アメリカの子供も、ヨーロッパの子供も、それをちゃんと知っている、と思う。
(勿論、気にしないで親と同じクラスでいいや、って子も多分いると思うけど。)

RIMG0140

ちなみに、すぐ裏手は、管楽器屋さんでした。

RIMG0144

うさぎポスター(笑) つい激写。

RIMG0146

隣は、こんな感じの広い広場と展示場(?) みたいな感じ。
そのまたとなりは、演奏会ホールみたいな感じでした。

RIMG0147

で、この建物の中に、楽器博物館があります。
レセプションみたいなところでチケットを買って入ります。
これが、ちょっと面白かった!

RIMG0148

こんなクラウザンとか

RIMG0149

ポジティーフオルガンとか

RIMG0157

へんな形の笛とか

RIMG0167

この鍵盤数で何弾くの??

RIMG0177
RIMG0184
RIMG0186
RIMG0187
RIMG0194

不思議な管楽器たち

RIMG0179
RIMG0181

これ、音はトランペットみたいな音がする楽器です。高さ2メートル。名前もほにゃららトランペット、って感じだった。

RIMG0188

手が何本いるのかしら、、、

RIMG0190

この超スリムなバイオリン、どうやって演奏するの??

RIMG0203
RIMG0205

へんな弦楽器

RIMG0202
RIMG0201

表バイオリン、裏ヴィオラ?! どうやって演奏するの?!

RIMG0196

きわめつけ。。
となりのピアノ、ミニチュアじゃありませんよ〜!
巨大なコントラバス。

RIMG0195

オクトバス、じゃなくて、オクトバス、だって。。

RIMG0198
RIMG0199

当然指板は指でなんかおさえられないから、このレバーで抑えるんでしょうね。

長くなったので、続きは次のエントリーで。

>> 「パリ旅行記6 〜 音楽な一日その2、サクレクールとドゥダメル+フランス放送フィル」へ
[PR]
by lily_lila | 2012-04-16 03:50 | 旅行記
<< パリ旅行記6 〜 音楽な一日そ... パリ旅行記4 〜 3日目後半と4日目 >>