excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
最新のコメント
ブログパーツ
トライアルセット
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


パリ旅行記1 〜 アパート
4/8、2012年のイースターの日、Wisconsin州Madisonからパリに向けて出発。前の週から風邪をひいていて、飛行機の中で冷えて悪化しないよう厳重に着込んで飛行機に乗りました。風が強く、離陸は大揺れ。昔だったら危険なレベルまで酔っていたな〜と思いつつ、最近はもうフライト前日は徹夜して飛行機の中で爆睡することにしているので、特に問題なくシャルル・ド・ゴール空港に到着。

思えば、四半世紀ぶりのパリです。以前訪れたのは十代半ば、初めての国外旅行でした。
流石に、空港がどんなだったかなんて、もう覚えていない……
(いや、当時はアエロフロートで旅したので、ペレストロイカ以前のモスクワ空港がどうだったかは鮮明に覚えてますが(笑))
友人がとにかく「空港汚い!!」を連発していたので、どんなもんかな、と思いましたが、想像していたよりはそこそこマシでした(笑)いや、25年前は、トイレとか本当にヤバかったから!
(いや、でもやっぱり、ラテンの国だよね〜。。ゲルマン系の国の玄関はもうちょっとキレイ。)

RIMG0343

荷物受け取り場所に上がるエスカレーター。多分出来た当時はちょっと近未来的な感じだったんだろうけど、、

RIMG0344
荷物受け取り場。





当たり前のことなんだけど、フランス語さっぱり分からない(爆)。
第二外国語はフランス語だったので、読むのは多少想像ついても、喋られると全然ダメ(笑)
しかし、今回はこの環境で、なんとかアメリカのH1Bビザを取得して帰らねばならんのです。。
がんばれ自分!

空港からパリ市内へ行くには、いくつか手段がありますが、なにしろこのパリ滞在は完全自費負担なので(それ以外の会議の部分は出張費が出る)、一番安い電車を利用しました。
外国の大きな空港は大体どこもそうですが、空港内部にモノレールやエアライナーが走っていて、別ターミナルに移動します。到着ターミナルからは電車が出ていなかったので、別ターミナルへエアライナーで移動。

RIMG0345

パリ市内への移動には、B線といわれる電車を使います。この線はパリの北から入って南に抜ける線です。決して人種差別的な意図はありませんが、パリの北というのは比較的治安が悪くて、居住者も移民や黒人の割合が高いです。(アメリカの大都市なども、露骨にそういう地域差があるのが分かります)
良い悪い以前に、そういう現実があって、日本人の旅行者は残念ながらそういうところにも注意を払わないと危険な目に遭いかねません。(別に誰も彼もが日本人をカモとして狙っている、という話ではなくて、生活習慣など知らない事が多過ぎて、ウカツなことして相手の機嫌を損ねたら命取りになることもある、という話です。まあ、銃持ってないだけ、アメリカよりましか。)
勿論、自信のないところへは行かない、行くときはイチャモンつけられないように周囲に気を配っておく、というだけであって、外見だけで無闇に怖がるのは的外れと思いますが。
B線は最初は乗って来る人がほとんど黒人でしたが、Gere du Nordあたりで一気に客層が入れ替わりました。つまり、それより市内側なら、まあそこまでピリピリしなくてもいい、ということか、と納得。

私の宿はカルチエ・ラタンにあるので、そのままSt- Michel Nortre Dame駅まで行って電車を下りました。駅の階段を上がると、いきなり目の前にノートルダム寺院が。

RIMG0347

実は、昔の記憶はかなりもう薄れていて、あまり色々なことを(映像としては)覚えていなかったのですが、このノートルダムを見た瞬間に、一気に当時何に驚いたかを思い出しました。
写真で見ると迫力ないのですが、実際ナマで見ると大きさに圧倒されます。
近年は仕事柄ヨーロッパも色々な都市に行くので、わりと教会はもう見慣れているのですが、やっぱりノートルダムはでかい(笑)。あと、立地が絵になる。なんかもう、わけもなく感動してしまう(笑)
当時中学生だった私には、この勇姿は(シャルトルのステンドグラスの青と並んで)ものすごい衝撃でした。あれが、見たのがもっと子供の頃だったら、あるいは完全に大人になった後だったら、どんなふうに感じたのかな、と思う。
というのは、実は高校の時にもイギリスに渡って、ウェストミンスター寺院なども見たのだけど、その時はそこまでの感動はしなかったのです。勿論、2回目の外国だったから、というのは大きいと思うけど、やっぱり中学生という年代が大きかったのかな、という気もしています。
そういう時期に国外を見る機会を貰った私は、大変幸運だったと思います。

丁度11時ごろで、別の場所で鐘が鳴っていました。そうそう、毎時鐘の音が鳴るんだよね。
(Exciteはembedタグ使えないので、こっちで見て下さい)
http://www.flickr.com/photos/mogura_nohara/6923822442/

さて、ノートルダムの横でまず地図を買い(これがなくてははじまらない、、)アパートの場所を確認。
今回は、宿は短期貸しのアパートにしました。パリ・シェ・モアの物件です。勿論、宿代を少しでも安くあげるためと、どうも私は長期滞在で外食が続くと体調を崩すからです。
アパートならキッチンがついているから、自炊できて食費も浮いて好都合です。で、近くにスーパーや市場があって、かつそこそこ治安も良くて、というところを選ぶと、かなり高い確率でセーヌ左岸になる、というわけです。
アパートのチェックインが午後2時で、それまでちょっと時間があったので、近くのカフェで軽く昼食をとりました。
アントレからスープかなにかくれ、といったら、「very small amount」だと言われたのだけど……

RIMG0350

やっぱりそれで正解だったよ(笑)
日本人にはこれで十分ですってば!!!
お隣で、お孫さん連れの老夫婦がランチをとっていたのだけど、その十代くらいの子供が、直径30センチの皿からはみでてるオムレツをペロリとたいらげ、、、(汗)
いや、アメリカで大食は見慣れたと思っていたが、フランス(ラテン?)はまだ上だわ〜〜〜!!

あと、驚いたのは、何もいわなくても水が出て来たこと。以前はこうじゃなかった。
で、多分水道水だと思うが、25年前のあの臭かった水とは雲泥の差でした!
(当時は歯磨くのも躊躇したもんねえ…)
どうやら、今のパリは水道水飲んでも全く問題なさそうです。

デザートに、クレームブリュレをいただきました。。

RIMG0351

で、何も考えずに、10%チップ置いて出て来てしまったのだけど、あとでよくよく調べてみたら、フランスはよっぽどの高給レストラン以外、もう殆どチップの習慣すたれてたんですね(汗)
どうりでえらく喜ばれたはずだよ。。。しかも10%って多過ぎたらしい。
まあ、一生懸命こっちの英語に付き合ってくれたし、WiFi使うために結局3時間長居したし、感じ良かったからいいけど。
アメリカは最近10%でも足りない、とかいう雰囲気らしくて(ほとんどレストラン行かないからよく知らない)、大学に行っている同居人曰く「アジア人は未だに10%でケチくさいと思われているらしい」ので、そう言う民族的な印象もたれるのは結局マイナスであろう、と払うときには13%くらい置くようにしてるのだけど。
(注:お昼ご飯の場合です。夕食は15%~17%。)

さて、お腹もくちたので、アパートへ。
こんな感じの小道にあります。

RIMG0352

入り口は、こんな感じで、ただのドアです。

RIMG0367

扉の横についている電子ロックのキーを開けると、中はまた道が続いていて、、

RIMG0366

中はまた別の街みたい。

RIMG0363

左側の入り口を入ると、こんな感じ

RIMG0362

で、この隣の1階部屋が借りた部屋でした。

RIMG0361

RIMG0354

RIMG0356

RIMG0355

RIMG0360

広さは四畳半ちょっとくらいなので、Max 2人とはいえ、二人で使うのは結構厳しいと思います。 でも1人なら十分Cozyな感じ。
あと、夜になって思い出したのだけれど、こっちの古いアパートは水を流す音が階下まで筒抜けです。
なので、25年前(このときもアパート暮らしだった)にも、「夜中はうるさいからトイレ行っても水流すな」と言われました。
でも、ここは1階なので、多少音立てても階下に迷惑かけることはありません。一階だと湿気が上がるかな、と思ったのですが、部屋の狭さが逆に幸いして暖房ひとつでも十分暖かく、足下から冷えるようなことはありませんでした。
アパートを借りるなら、2階以上の物件では相当夜の音に気を配る必要があると思います。

さて、チェックインして落ち着いたところで、まだ体調も万全ではなかったため急激に眠くなり、そのまま仮眠することにしました。
私は国外を旅行する時は絶対最初3日分のオニギリは持っていくことにしているので、とりあえず買い出しに行かなくても大丈夫。
まあ、パリみたいな観光地で食いはぐれることは滅多にないですが、実際それで助かったことも結構あるので(笑)
しかし、昔だったら、飛行機の疲れなんてどうってことなかったんだけどな〜!
(まあ、これが観光だったら、もっと身も心も軽いに違いないのだが。。)

で、夜は、予め予約してあった教会のコンサートに行きました。
コンセール・コロンヌ、パリの3つのオーケストラのうちの一つらしい。サン・ジェルマン・デ・プレ教会でやってました。
実は、パリ、演奏会、とかで検索かけると、観光客向けの教会コンサートみたいなのがやまほどひっかかります。まあ、それも一度くらいは聴いてみてもよかろうかと思うのだけど、やっぱ出来れば地元のオケをきいてみたい。
もっとも、コンセール・コロンヌってどのくらい真面目に活動してるのか知らないんですが(笑)

演目はモーツァルトのレクイエムだったんですが、そもそも、復活祭開けた9日に何故レクイエム?? とかなり不思議な感じのするプログラムです。
あとで気づいたのだけど、なんだかこの時期モツレクやってるオケが随分ある……これ以外にも、この1週間で2カ所くらいでやっているようです。
正直、折角フランスに来たんだから、どうせレクイエムやるならフォーレにしてくれ! と思いましたが、、、
これも、もしかして、観光客向けプログラムなのか?!

ちなみに、演奏会に行ってみて納得(笑)

RIMG0369

こりゃ、オケはともかく、合唱団は地元のご老人コーラスだな?! きっと!
歌う方は、モーツァルトの方が面白いかもしれん。
Viola弾きとしては、やっぱフォーレクは別格ですけどね。。。

いや、しかし、ご老人合唱団、よく声出てましたよ……「あーーー(音が)さがるさがる下がる!!!」とか不安に思わずに聴けましたもん!
ソリストが思ったより良かった。

しかし、(教会なんだから当たり前ですが)残響時間3秒近い場所で、よくモツレクなんかやるな、と思います。
あれ、演奏する側は相当短く切って演奏していると思う。それでも、残響3秒ではやっぱり限界がある。
あそこまできちんと音のツブきかせようと思ったら、短く切るだけじゃなくて、ちゃんと音程とタイミングが合ってないとダメ。
フランスのオケは合奏が弱い、と強固な刷り込みがあったので、これはちょっと驚きでした。
JYDでの演奏会思い出しましたが、我々のレベルでは多分ワヤワヤになってわけが分からなくなるんじゃないかと……(笑)
Rex tremendaeとかすごくカッコよくて、ちょっと感動しました。うーん。もう一回JYDでやりたいなー。今度は、もうちょっと上手く弾ける自信があるんだが……(笑)

前プロは同じくモーツァルトのクラリネット協奏曲で、ソリストも良い演奏してましたが、いかんせん残響長過ぎて、折角つけた表情がつぶれてしまっていたのが残念でした。
でも、やっぱり個人プレイはすごいね。2楽章でものすごいピアニッシモがありました。

ただ、観光客が多くて、皆背伸びをして前を見ようとしたり、写真取ろうと伸び上がったりする度に椅子が軋んで、かなり煩かったです。前プロ終わったところで、もう見切りをつけて一番後ろに行って立ち見で聴きました。その方がずっと良かった。
音楽に集中したい人は、こういう教会コンサートでは着席は諦めて最初から立ち見で通した方がいいかも知れません。

アパートに戻ったら、当然山積みの仕事を片付けなくてはならなくて、結局翌日の夕方までアパートに籠ってました(苦笑)。
続きは、また別エントリで。

>> 「パリ旅行記2 〜 スーパーで買い物」へ
[PR]
by lily_lila | 2012-04-12 17:06 | 旅行記 | Comments(2)
Commented by みやう at 2012-04-24 18:52 x
ぼんじゅ~る!
今丁度、パリでアパルトマンを借りています。
仕事もちょっと兼ねてなので今回は1ヶ月半、ホテルじゃ考えられない期間、やっぱりアパルトマンは遥かに安上がりですね。
ご飯の出費が抑えられるし、好きなものを食べられるし、好きな時に部屋に帰れるし。
どのアパルトマンかは内緒にしておきますが、前々から利用している、といっても前回は1年半前、その前は3年前でしたけど、種類も値段もいろいろなプライベートホームズ(http://www.private-homes.com/paris/)でいつも予約しています。
いつも絶対というわけでもないけど、困った時に日本語スタッフさんをお願いできるので、電話もできて安心。
でも現地の日本人の友達の方が私の代わりに連絡してくれていて、元はその人からのお勧めだったんです~。
パリは今みょうに寒いです。 花冷えというあれかもしれません。
Commented by lily_lila at 2012-04-26 09:23
みやうさん、こんにちは!
新たなアパートメント情報ありがとうございます♪
私もすっかりアパート派になりそうです(^^)
今はウィーンにいますが、こっちもアパートにしておけばよかった、と思っています…自炊できないのがホント辛い(^^;;)
パリはたしかに寒かったですね。(クレモン・フェランも寒かった…)
ウィーンの方がまだ暖かいです。海が近いから??
よいパリ滞在になりますように!
<< パリ旅行記2 〜 スーパーで買い物 コールセンターよりtwitte... >>