excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
最新のコメント
ブログパーツ
トライアルセット
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


YouTubeにアップロードした画像の音質がいつのまにか劣化している件について
注:この記事は、YouTubeのHTML5動画プレイヤーを使っている方には関係ありません。

2011/1/25追記
いつのまにか、&fmt=18も無効になっていたようです……。
はっきりいって、ひどい。
もう、音質改善するには、昔の動画は全部アップロードし直すしかありません。
何十万とアクセス数溜まった動画もあるのに!!

というわけで、以下の記事は最早役に立ちません。
仕方がないので、YouTube側がとっととHTML5対応ビューワーの埋め込み版も用意してくれることを祈ります。


いや、やっぱり気のせいではなかったのか!!!

最近、久しぶりに昔YouTubeにアップロードした映像を見てみて、あまりに音質が酷いのでびっくりしました。
たとえば、以前このブログでも紹介したコレ。2009年の9月にアップロードしたものです。



はっきりいって、画像はどうでもよくて、音質を拘ってアップロードしたので、こんなに酷い音質だったわけはないのです。
この映像は、既に10000回以上閲覧されているので、ファイルがへたってきているのか、それとも私の記憶違いで、本当にもとから音質悪かったのか、と思っていました。
(mp3とかでも、あんまり聞きすぎると音質が悪くなることは、昔からiPodに入れっぱなしの音源で知っている)

しかし、実際はどうやらそういうことではなかったらしいです。
参考にしたのは、コレ。
...find information on higher quality audio &fmt=# codes?

参考までに、Wikiにあったオプションフォーマットコード一覧はこちら。
http://en.wikipedia.org/wiki/Youtube#Quality_and_codecs

この人が、音質に拘るなら&fmt=18オプションをつけよ、というので、ためしにやってみました。
残念ながら、埋め込みにするとオプションが無視されるので、下のリンクで飛んで下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=Wc_kZt2Lex0&fmt=18

私が去年アップロードしたときに聞いたのはこれですよ!
比べると、デフォルトの画像は随分音質が酷くなっていることが分かります。
(ちなみに、私の環境ではインターネットは常時ブロードバンド、設定もちゃんと高画質を選ぶオプションになっています)

最近アップロードしたビデオなら、HQオプションを選べばまともになりますが、昔にアップロードした音源はHQオプションなんてありませんでしたから、もとの動画の解像度も低くてほとんど360pくらいまでしかないのです。
ためしに有名な高音質フォーマット&fmt=35とか、&hd=1とかやっても全然ダメ。

そもそも、&fmt=18はiPod用のオプションだとどこかに書いてあったので、試したことがなかったのですが、上の記事を見て試してみたら、ようやくまともに聞ける音質になった、ということです。

上に書いたリンクに、理由らしきものが書いてありました。
曰く、YouTubeは、mp4コンテナ形式のビデオの再生(アップロードではない)のサポートをやめてしまった、とのこと。
(コンテナ形式、というのは、つまり、ファイル名の拡張子が.mp4になっている、ということだと思います。FLVコンテナ形式も、画像部分はMP4エンコード、というのはあり得ますが、ファイル形式は.mp4にはなりません。)
アップロードするのはmp4もまだ受け付けますが、そのあと、YouTube側で再エンコードする際に、最近は全てFLVコンテナ形式もしくは3GPコンテナ形式でエンコードしている、ということなんでしょう。

だから、最近アップロードしたものは、FLVの高画質(高音質)オプション&fmt=35とかつけると音質も画像もよくなりますが、昔アップロードしたものは、ものによってはMP4コンテナ形式でしか再エンコードしていないものもあり、それらはYouTubeのディスク上に存在しても、もはやYouTubeの提供するビューワーでは、そのままでは閲覧できない。
その結果、いくら回線が早くても、一番音質も画質も悪い&fmt=5が強制的に選ばれてしまう、ということなんじゃないでしょうか。

ところが、このmp4再生サポート停止には例外があって、fmt=17, 18, 22, 37はまだ生きているらしいのです。
なので、URLの後に明示的に&fmt=18とつけてやれば、まだ再生が可能なのです。
まあ、iPhoneやiPadはFLV再生出来ませんから、オプション18を廃止されるとiPhoneユーザーはYouTubeが見られなくなるので、とりあえず残してある、って事かもしれません。
もしそうだとすると、そのうちYouTube側で、PCからアクセスの場合のみfmt=18を禁止するとか有り得そうな気もします。mp4コンテナの再生サポートを止めた理由が分からないとなんとも言えませんが。

ちなみに、ためしに上の生きていると言われるフォーマットを全部ためしてみましたが、改善したのは18だけで、あとは駄目でした。

さて、このオプション18もいつまで生きていてくれるかわかりませんが、YouTubeはもう音を配信するのにも使われ始めていますから、画像解像度を多少犠牲にしても音質を上げる再生オプション及びアップロードオプションが欲しいところです。
はっきりいって、ディスク食うのは画像データなんだから、それを大幅に減らしてもいいから、って要望はYouTube側にも損はないはず。

いや、あんな酷い音質じゃ、公表しても却って悪印象です。ほんと。
仕方がないので、これから昔の音源に全部&fmt=18つけて聞くようアノテーションつけてまわります……。
mp4コンテナやめたんだったら、昔のファイルもFLVコンテナで再エンコードして、まともな音質で聞けるようにして欲しいですね。


11/19追記

ブラウザ側で、HTML5オプションを有効にすれば、勝手にH264形式を選ぶようになり、この問題解決するみたいです。
ということは、やっぱり、ビューワーがmp4コンテナ形式の再生をやめた、というのが正しかったわけですね。

ところで、&fmt=18は、昔から高画質オプションで結構有名だったみたいですね(汗)
35とかは知ってたけど、18は知らんかった。
しかし、やっぱりビューワーに高音質を選べるオプションをつけて欲しい。
軽くて、いい音質の動画が欲しいことだってあると思うんですがね。
[PR]
by lily_lila | 2010-11-19 11:15 | 音楽 | Comments(0)
<< YouTubeにアップロードし... XmodmapでAltキーにE... >>