excitemusic

渡米生活日々の備忘録。
by lily_lila
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
外部ブログリンク
「渡米生活。(日記)」
もう少し日々のツブヤキに近い内容はこっちに移動しました。
プログラム関係、web関係もそのうちこちらに移します。

「the Gerden of Ethel」
我が家のウサギブログ。
ウサギは、家に連れてきて最初の2週間以内に体調を崩す可能性が高い生き物です。飼う前にご一読を!
ちょっと待って、ウサギを買う前に…
ブログパーツ
トライアルセット
その他のジャンル
記事ランキング
検索
ブログジャンル
以前の記事


Roth IRA
無事Tax Returnがきたので、本日Roth IRAに入れて参りました。。。
お世話になったのはUW Credit Unionです。
(まあ、University of Wisconsin Madisonに関係のある人は殆どここがメインバンクになっていると思いますが)

UW Credit Union

実はRoth IRAを開くのはこれが初めてではないのですが、去年書かなかったので今年いろいろ聞いた話も含めて報告します。




まず、Roth IRAとは何ぞや、ですが、これはgoogle検索でいくらでも出て来る通り、個人年金プランです。普通のCD(Certificated Deposit、定期預金)と異なり、利子に税金がかからずに運用でき、将来引き出した時にも税金がかからない、大抵CDよりも高めの利率がついている、などの利点があります。制限は、基本的に59.5歳までは引き出せない、一年に預けられる金額に上限がある(大体5000ドルくらいまで、所得により変化)、等です。
Roth、がついていない(traditional) IRAもあります(Rothというのはこのシステムを提唱した議員さんの名前らしい)。こちらは、上記に加え、IRAに預けた金額分、確定申告の時に自分の所得からさっ引くことができる、という特典つきです。ただし、その代わり、将来このお金を引き出した時に(増えた利子分も含め)、自分の所得として申告しなければならなくなります。つまり、現在の所得を数十年先に先送りするシステムなわけですね。ただし、利子で増えたあとに税金を食らう事になるので、引き出し時に高収入だったりするとごっそり税金にもっていかれる可能性はあります。
(まあ、年金プランですから、基本的には収入がなくなった後に引き出す貯蓄ということで、その頃には所得税率も低い、というのがもともとの思想なんでしょうが。)

このtraditional IRAの控除の特性上、毎年4/15日は郵便局だけでなく銀行も大忙しです(笑)。というのは、4/15以前に預ければ、2008年に預けたことにして控除を申請出来るからです。Roth IRAの方は控除できないので申告には関係ないですが、それでも2008年分の締め切りは4/15日です。
例えば、私は本日4/14に預けましたが、これを2008年分とするか、2009年分とするかを聞かれました。つまり、私の場合IRA(Roth IRA+traditional IRA)の上限年額は5000ドルですから、2009年扱いで2000ドル預けると、残り3000ドルしか余裕がなくなります。一方、2008年のIRA拠出額は、私の場合0ドル(去年は2007年分として拠出した)なので、私の場合は、2008年にした方がよい、ということになります(まあ、あと1年で3000ドルもIRAにまわせるお金ができるか、と言われたら、多分ノーですけどね。。。)

UW Credit Unionにも、思いっきり『IRAの締め切りまであと2日!』というカウントダウンが掲げられていて、なるほど、稼ぎ時なのね、と納得。。

ちなみにIRAの適用条件等、こちらのサイトに色々詳しく書かれています。

http://www.fiplanning.com/retirement

私は、(勿論) Roth IRAにしました。Rothの方が良い理由は色々上記サイトにも書かれていますが、私の場合、一番の理由はもう帰国することが分かっているからです。アメリカという国は大統領如何で(というよりは、共和党か民主党か、というところだけど)いくらでも政策なんて変わるところですから、外国人の権利なんて二十年後も同じように保証されてるとは限らないし。。。
そうなったとき、途中で引き出すことになってもペナルティをなるべく払いたくない(Rothの場合、少なくとも預けたお金に関してはいつでもペナルティなしで引き出せる)というのが一番大きな理由です。

期間は定期預金と同じく色々選べます。去年は1年で預けたのですが、今年は去年の分も含め、5年にしました。去年は一年で預けたのですが、来年には帰国しなければならないし、来年の今頃までにもっと利率がよくなっているかというと、多分そんなには変わらないだろう(景気回復にはまだ当分時間がかかりそう)と思ったからです。あと数年居られるなら、二、三年後に様子をみる、という手もありましたが。
APR (複利込みの年率)4%だから、日本で定期に預けるよりはずっと良し。
もしずっとこのままの利率なら、二十年後にはほぼ倍になる計算です。
(1ヶ月に一度利子の支払いがあるので)
ま、日本の十年以上に渡る低金利をみると、そんな美味しい事にはならんだろう、とも思っていますが。

しかし、これ、折角Roth IRAでアメリカ側で引き出し時に税金がかからなくても、日本の居住者として引き出したら日本の税金がかかるんだろうな。。。
その時に、一時的にアメリカの居住者になればいいのか?!(笑)
まあ、大した金額預けてないから、税金とられても知れてるでしょうし、それ以上に無利子で20年運用できるメリットの方が大きいかな、うちの場合は。

それにしても、こんなに不景気で利率も低いと、私みたいに国民年金時代が長かった人間はどうやって老後をsurviveすればいいのか、ホント不安です(TT)
やっぱ老後にも現金収入があるような仕事を探すべきなのか?!
[PR]
by lily_lila | 2009-04-15 03:21 | 渡米生活...金融
<< 洗剤のボトルに住むうさぎの話 e-file 確定申告2008... >>